FC2ブログ

ninkyabe(にんきゃべ)

ninkyabe(にんきゃべ)

3連休最終日、乗りつぶしをしながら東京に来た日の浅草18時からスタート。
タイトルにあるように今年6月のダイヤ改正で廃止される東武宇都宮線直通の特急しもつけ283号に乗車してみたというお話。この特急しもつけは朝の宇都宮発と、夕方の浅草発が1本ずつ、計1往復のみ細々と運行されている特急で、4両しか入れない宇都宮線に合わせて、東武300系350型が運用に入るなんだかマニアックな列車です。
_DSC6326.jpg

浅草から東武宇都宮までの特急料金は840円。

旧型で設備の多少劣る350型を使用する列車は急行の特急化後も価格は抑えられ、他の特急の割引運賃くらいで乗れるようです。
上野から宇都宮までJRに乗れば運賃だけで1980円、対して浅草から東武宇都宮までは特急券入れても2060円…列車としては全然悪くないと思うんですがね。所要時間は向こうの普通列車よりもしもつけも、栃木できぬ・けごんを降りて普通列車に乗り換えても若干遅いですが、指定席なので着席保証ありますしね。

今回は東武日光線のトブコ〜栃木と、東武宇都宮線の乗りつぶしがまだだったのでこの列車を逃すまいと行って来ました。

特急ホーム3番線にすでに入線済み。
_DSC6334.jpg
かつては急行りょうもうで東毛と東京を結んだ1800系の残党ですが、乗るのは初めてです。

ホームに入ると駅員さんが近づいて来て「3号車の方向幕は抑えとくといいよ!」って感じで教えてくれたので見学。
SS?
上がよく見られるタイプで、下が3号車の一部にしか無いものだそうですよ。
なんでも充当されている352Fにしかこの幕は入っていないそうです…なるほどレアなんですね。

しっかしいつ見ても無理矢理な浅草駅…
_DSC6339_01.jpg

_DSC6342.jpg

HMはトチノキのデザインですかね。
_DSC6340.jpg

さて乗り込みましょう。
_DSC6347.jpg

_DSC6345.jpg
古くさい昔の東武っていう感じの山吹色のモケット、今時リクライニングしない座席、足おき、座席と一体化した小さいテーブル…ここだけ時が止まったような良い雰囲気があります。

_DSC6350.jpg
ちなみに壁側にも東武っぽいテーブル付いてますが、これはボックス利用時にも使えるようにでしょうかね。
意外と細やかな東武さんの配慮です…

さて地味なお気に入りがこの小さいテーブル。
_DSC6348.jpg
ドリンクおいてもズレないようにホルダー付きなのも良いですね。
たまに乗るりょうもう号の200系列には付いてないことが多くて、通路側に座るとご飯食べたりできなくてガッカリしちゃうのでこれは良いですねぇ。

さて、定刻に浅草を出発です。

つづく

・おまけ

東武350型(300系)、特急しもつけ283号(浅草→東武宇都宮)の全区間走行音です。
関連記事
スポンサーサイト



Posted by
東武

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply