FC2ブログ

ninkyabe(にんきゃべ)

ninkyabe(にんきゃべ)

冬の乗りつぶし旅、その19です。

会津から関東への脱出を乗りつぶしも兼ねて、会津鉄道経由で行っています。
芦ノ牧温泉を出ると平野を抜け、車窓は山間の様相。
_DSC5878.jpg

_DSC5880.jpg
うーん、やっぱりこの辺は雪がある景色なんでしょうねぇ、スノーシェッドも見えますし。
阿賀川と並走するのでこれからたくさん映ります。

10:55、湯野上温泉。交換するわけでもなしに時間調整なる5分停車。
_DSC5883.jpg
茅葺の立派な駅舎…こんなところに降り立って旅をするなんてどんなに素敵だろう。
乗りつぶしはこれで済ませるので今度は「旅」をしたい。

湯野上温泉を出ると景色はよりダイナミックかつ、壮大になります。
_DSC5888_20200223021030cef.jpg

_DSC5893.jpg

11:12、会津田島までのうち最後の交換駅である会津下郷に。
_DSC5898_2020022302103656c.jpg
1面2線+側線のジオラマで作りたくなるようなローカル駅。

交換待ちで4分停車…なんですが、対向列車が遅れておりもう5分ほど止まるということで途中下車。
_DSC5895.jpg

_DSC5901.jpg
ワンマン列車なのに乗っている車掌さんは駅の人とご歓談中、楽しそうな風景で長閑。

遅れて到着したAIZUマウントエクスプレス1号と交換するとようやく発車。
_DSC5902.jpg
会津田島での乗り換えは所定4分。カツカツになるのでホームから車両を眺めたりする時間は無さそう。

会津下郷から20分弱で終点の会津田島。ここで新藤原行きに乗り換えます。
急いで乗り換えですが、面白い車両がいたので一枚。
_DSC5905_20200223021040cb4.jpg
キハ40を大改造した展望車AT-401、の裏の顔。あやしー角形ライト、たまりませんのう。

ここからも続いて会津鉄道会津線、ですが電化されている区間です。
_DSC5906_2020022302104199d.jpg
見えている6050系に乗り込みましょう。

つづく

・おまけ

会津鉄道AT500形、只見線・会津線(会津若松→会津田島)の走行音です。

今回の行程
芦ノ牧温泉 10:40
↓2307D 普通 会津田島行 会津鉄道AT-502
会津田島 11:33(+5分)
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply