FC2ブログ

ninkyabe(にんきゃべ)

ninkyabe(にんきゃべ)

冬の乗りつぶし旅、その15です。

秋田で乗り換え待ちに2時間費やし、ようやく酒田行きの時間となりました。
_DSC5718.jpg
542M(後) 酒田行 701系N23編成
特急を含めても本数はお世辞にも多くはありませんし、秋田からは羽後本荘までの区間列車はあれど酒田までとなると普通列車はぐっと本数が減っちゃいます。羽越線は酒田での乗り継ぎも悪いものが多いので上下とも特急課金のし甲斐はあります。

編成が短いわりに混みあうのが秋田近郊のイメージ。混むかなと思いましたがさすがに落ち着いていました。
少し走って日本海が見えるようになると、雨もやみ、日差しがさすようになりました。

酒田に近づいても晴れ間がある状態。
_DSC5722.jpg

_DSC5725.jpg
と思いきや秋田県を出るくらいで曇りに。

気持ちよいくらい爆走する701系で2時間弱、終点の酒田です。
_DSC5733_20200214102915790.jpg
きらきらうえつ停車駅仕様の駅名標は運行終了に伴い、新しく運行開始した海里仕様に代わっていました。

酒田に着くやいなや、構内を移動中のキハを発見。
_DSC5726.jpg
キハ47-516+47-1515のイメージアップ新潟色が揃った2両。

_DSC5727.jpg

_DSC5739.jpg
あちたりこちたり…

_DSC5741_202002141029215ce.jpg
3月をもってこの光景も見られなくなるなんて信じられません。
この後GV-E400が酒田止まりとして入線して来たのも時代の流れを感じましたねぇ…

さて、一番端の切り欠きホーム、0番線から次乗る列車が出ます。
_DSC5734.jpg
828D 新津行 キハ47-1516+47-512
新津行、828D。数を減らすキハ40運用のうちの貴重な1つ。3月で新型車に置き換えです。
酒田へ来るのは4度目ですが、2015年夏はキハE120(くだり)、2016年末と2019年春(のぼり)はきらきらうえつに乗っているのでキハ40の列車にはいまだ乗っていなかったんです。このたび、引退してしまうということで、終点の新津まで4時間以上を要す長距離鈍行には腰を痛めても乗っておきたい!と思ってしまったわけでしてね。

サボはこんな。
_DSC5736_20200214102918059.jpg
見てもらえればわかるように、この列車は新津に到着後に続行で磐越西線津川まで運転されます。列番は変わりますが、事実上は酒田発津川行き、5時間越えの列車ですね。
元気があったらそこまで行きたいですが、きっと体がもちません(笑)

_DSC5744_01.jpg
新津車の青いモケットに身を任せ、ここがしばらく自分の居場所になると覚悟を決めて発車を待ちます。

つづく

・おまけ

唸るIGBT-VVVF、羽越本線(秋田→酒田)を走る701系0番台の全区間走行音です。

今回の行程
秋田 12:08
↓542M 普通 酒田行 701系N23編成
酒田 13:56
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply