FC2ブログ

ninkyabe(にんきゃべ)

ninkyabe(にんきゃべ)

冬の乗りつぶし旅、その7です。
新潟駅から快速べにばなに乗って1時間弱。列車は米坂線に入りました。米坂線は言わずもがなのローカル線で、坂町〜米沢の全区間で運転される列車は1日5往復しかありません。快速べにばな(米坂線内各駅停車)はそのうちの貴重な1本ってわけです。
_DSC5484.jpg
新潟らしい開けた景色を進行してゆくローカル線風情たっぷりな車窓。坂町から次の越後大島までは7kmと駅間が開きます。1995年までは花立という駅があったそうですが、ずっとこんな雰囲気なので使う人は少なかったんでしょうね。

開けた景色を過ぎると川が左手に。
_DSC5485_2020013102432799f.jpg
荒川というそうですが、この川としばらく並走して山間部に入って行きます。

失礼な話ですが、こんなに絶景路線だとは思わなかった。
_DSC5489_20200131024329c49.jpg

_DSC5492.jpg

_DSC5493.jpg

_DSC5499.jpg

山形県に入った小国駅あたりでは流石に積雪もそこそこ。
_DSC5502.jpg
でも少ない方なんでしょうね。山肌は茶色い。

で、この辺で米坂線の景色を一通り見たので満足してぐっすり…
起きたら山形鉄道との接続駅である今泉に。
_DSC5505_20200131024336417.jpg
元は国鉄長井線、後で乗りにきます。

この辺からは米沢にも比較的近く、近距離の需要もそこそこあるようなエリア。本数も峠越えの倍くらいはあります。
景色も開けてきました。
_DSC5509.jpg

_DSC5508_01.jpg
遠くには真っ白の山々…あの向こうは福島県でしょうか。

今泉から30分もすれば終点の米沢に到着。
_DSC5514.jpg
新潟から2時間50分、なかなかの時間の乗車でしたが、これで米坂線は完乗!

さて、次回は米坂線を少し戻って山形鉄道に乗りに行きます。

つづく

今回の行程
坂町
↓3822D 快速べにばな 米沢行 キハ112-202+111-202
米沢 11:31

・おまけ

白新線・羽越本線・米坂線を直通して運転されるキハ110による快速べにばな(新潟→米沢)の走行音です。長尺。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply