FC2ブログ

ninkyabe(にんきゃべ)

ninkyabe(にんきゃべ)

大きな旅行のストックは終わりましたが、GWに高校時代の仲間たちと行った銚子旅行の様子をば。

東京駅から255系のしおさいで一気に銚子に。
_DSC1287_00001.jpg
4003M 特急しおさい3号 銚子止 255系Be-04編成

SS_EPSON010_02.jpg
未乗車だった総武本線佐倉〜銚子の完乗もできました。
GWの直前か、入った後からでもしおさい号の指定席は取れました…というより房総方面特急は軒並み余裕アリという感じでしたね。うーん、房総特急斜陽の時代…

銚子といえば銚子電鉄。初めて。
_DSC1295_00001.jpg
外川行 銚子電鉄2001+2501
京王で2010系(足回りは除く)として活躍したあと、伊予鉄で800系として走っていたものを譲り受けた車両です。
もともと走っていた電車が古豪もいいところなので霞みますが、1962年製の大ベテランです。
面白いのが置き換えたデハ801はもともと伊予鉄で走っていたものを譲り受けたもので、それを突き出しのこそ彼ら伊予鉄800系なんだそうです…四半世紀後に同じことが起こるなんてね。

反対側は京王5000系に似たお顔。
_DSC1298_00001.jpg
これは後から改造で付けられたそうですね。5000系列とそっくりですが、裾絞りがありません。
そういえば、伊予鉄といえば朝の増結車が運用が終わると車庫まで1両で戻るという不思議な風景が繰り広げられていたところですよね。昔鉄道雑誌かなんかで見かけて、超見に行きたいと思ったんですけど叶わず(去年、少し訪れました)。

広い銚子駅の先から細く伸びるのが銚子電鉄線です。
_DSC1299_00001.jpg
架線が直接吊架式ってやつです。路面電車ではよく見るやつですが、JR線では国鉄の末期に電化された一部路線でしか見られません。スピードも制限されますが、銚子電鉄は出しても40km/h、別に大した問題じゃなさそうです。

日中は1編成がひたすら行ったり来たりするようで、この日は写真の青い編成。
_DSC1296_00001.jpg
中はレトロ調ですが、1両目と2両目で内装が異なります。
この日はGWということもあってか大混雑。途中久しぶりにぎゅうぎゅう詰めの列車を体感…車掌さんは大忙しでした。あ、ワンマンと表示があっても、結構車掌が乗務していることも多いようです。車内で一日乗車券(弧廻手形・700円)を購入します。
SS_EPSON010.jpg

さて写真を撮るどころではないので一気に終点へ。
20分ほどで終点外川です。雰囲気のある、こじんまりとした駅です。
_DSC1317_00001.jpg
昔はコカコーラの自販機が正面にあって一部から顰蹙を買っていたそうですが、今は横に移動した上、駅舎の外装と似せてカモフラージュしてます。笑っちゃった。
ちなみに愛称は「ありがとう外川」、よく分かりません。

2000形に置き換えられたデハ801も外川駅で保存されているみたいです。
_DSC1315_00001.jpg

_DSC1318_00001.jpg

_DSC1321_00001.jpg
令和になってもこの光景が見られるんですねぇ…
伊予鉄の後輩、そして銚子の後輩を可能な限り長く、見守ってやってください。

外川駅は海に近いところにあります。
_DSC1325_00001.jpg
駅から伸びる細い道、急坂を下りていくと外川港です。
ここからは犬吠埼まで歩いてみます。

後編へ。

今回の行程
高崎 7:58
↓4823Y 特別快速 小田原行
籠原 8:30-42
↓1853E 品川行
東京 10:06-43
↓4003M 特急しおさい3号 銚子行 255系Be-04編成
銚子 12:30-13:05
↓外川行 銚子電鉄2001+2501
外川 13:24
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply