FC2ブログ

ninkyabe(にんきゃべ)

ninkyabe(にんきゃべ)

東北ローカル線を乗り潰す旅、その3です。
岩手県沿岸の釜石からスタートです。直線距離にして413km、鉄道の営業キロでは601km、鈍行にて13時間半を要した初日が終わり、2日目のスタートです。
あ、ちなみに新幹線に乗ると4-5時間で来れるようです(!)。ただし18きっぷ比、運賃は10倍…時は金なり。時間を使って移動するのも旅の一つの楽しみ方である私のような悠長な人間には良いんでしょう。

さて今日はタイトルにあるように3/24復旧したばかり(当時)の三陸鉄道リアス線の釜石〜宮古に乗車します。
訪問日が4/4、本当に復旧したばかりの路線です。
復旧、というと少しややこしいのがこの区間の経緯。もともと、釜石より宮古を経由し、盛岡へ向かうJR山田線だったわけですが2011年の東日本大震災により甚大な被害を受け長期運休。JRが線路の復旧を行ったのち、運行は路線の両端に接続し、震災前から直通列車が運転されていた三陸鉄道の路線として運転が再開されたのです(これにより宮古〜盛岡のみになった山田線は山田町を通らなくなりました)。図らずも南北に別れていた三陸鉄道北リアス線、南リアス線は新生「リアス線」として再出発を切ったわけです(結果的に日本最長163kmの三セク路線に)。駅はJR時代と同じ駅だけでなく、(止むを得ない事情を含め)同名の駅が移転再開したものに、払川駅と八木沢・宮古短大駅の新駅2箇所が出来ています。
8年も鉄道が通らなかったわけで、正直利用客が帰ってきているのだろうかと一抹の不安を抱きながらも、微力ながら運賃でもって応援をさせていただこうと思った次第です。

というわけで三陸鉄道の釜石駅。
_DSC0827_00001.jpg
真隣がJRの駅舎、構内は地下通路で繋がっているので券売機と入り口だけ違うという感じです(改札は無人、ホームの入り口に駅員さんが)。

SS_19-04-04-07-12-59-830_photo.jpg
ちなみに朝ごはんは駅の立ち食いそばで「リアスラーメン」なるものを食べました。メカブが入ってるラーメン、結構面白い。

盛方面は三鉄のホームがあるみたいですが、宮古方面は釜石線と同じホームから。もともとJR線なんだから、そりゃあそうか。
盛岡行きの快速はまゆり2号が停車中。
_DSC0829_00001.jpg
昨日の編成です。
予告しておきますけど、このあと乗ります(笑

駅のはずれには他のはまゆり編成。
_DSC0833_00001.jpg
こちらは正統派編成だったと記憶。昨日みたいな「あたり編成」ではありませんでした。
奥に見える青い車庫はSL銀河のシゴハチ用ですかね。

駅名標もJRスタイル。
_DSC0831_00001.jpg
リアス線の次駅は両石。

真新しい36-718。山田線引き継ぎ用で今年造られたばかりみたいです。
_DSC0837_00001.jpg
36で「さんりく」ってことくらいは知っています。
典型的な新潟トランシス気動車。

車内もキレイ。
_DSC0842_00001.jpg

元JR山田線とはいえ、今はもう第三セクター会社の路線。青春18きっぷの旅ですが、ここではそれは使えません。
_DSC0843_00001.jpg
釜石→宮古、55.4kmで1520円。少し割高ですが、三セクなので…ね。

定刻通りに釜石を発車、宮古まで75分の道のりです。
列車は宮古から先、旧北リアス線区間の久慈まで直通する列車。126.4kmのロングラン…終点まで3時間17分もかかります。

大槌(8:07-10)で最初の交換。
_DSC0849_00001.jpg
ここまで宮古から乗った人を除き、全然客数が変動せず「やっぱり鉄道の利用客は戻っていないのかな」と感じていたのですがここからぱらぱらと乗客が増えました。

大槌といえば震災では甚大な被害を受け、何度も聞いた地名。
_DSC0851_00001.jpg
まだまだ復興も半ば、巨大な堤防を建設中。
高台移転のためか、沿線から住宅を見ることも稀です。この周囲は津波被害が凄まじかったのだなと言われずとも分かります。

少し高台へ線路があがると吉里吉里や波板の美しい海岸線を望みます。
_DSC0855_00001.jpg

岩手船越(8:28)は本州最東端の駅。
_DSC0857_00001.jpg
国鉄の残り香も感じられました。

山田線の由来でもある、陸中山田(8:36-37)では36-200形の5104Dと交換。
_DSC0862_00001.jpg
これぞ「三鉄」という顔。
ちなみにこの5104Dは久慈から盛までの全線163kmを4時間半かけて走破するツワモノ列車。意外と通しの列車も設定されているんですよねぇ…
この時点で結構な乗車率。ボックス席は相席がほとんどになりました。

津軽石(9:01)では面白い列車と交換。
_DSC0866_00001.jpg
36-R3を先頭にするレトロ車両の回送列車。
こういうの乗ってみたいなぁ〜

というわけで終点の宮古には9:15に到着。
車内改札なので多くの降車客がなかなか捌かれず…ま、そのくらい人は乗ってましたよ、一安心です。
_DSC0876_00001.jpg
左から36-Z1、36-700、キハ110、36-718。色々な車両が見られました。

三陸鉄道リアス線は決して安定した経営ではないでしょうが、地域のための大切な公共交通機関として忘れられてはいないんだなと安心したというのが素直な感想。平穏無事に100年先まで運行していればと願うばかりです。
というわけで次回から再びJR線に乗り、盛岡を目指します。

つづく

今回の行程
釜石 7:50
↓1007D 久慈行
宮古 9:15
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply