FC2ブログ

ninkyabe(にんきゃべ)

ninkyabe(にんきゃべ)

年末旅行を挙行してまいりました。富山地方鉄道を楽しんできたわけなんですが、それはまた来年になってからですね。
あ、走行音動画はYouTubeにて投稿を開始していますので、よろしければご覧になってくださいませ。

ということで、今年の終わりに、今年の旅行記を終わらせねばなりません。
道後温泉を後にして、向かうは少し先の上一万電停。
_DSC6159.jpg
電車の後ろに見える信号機がなかなか面白い奴だったので、それを撮って松山市駅に戻ります。

上一万に戻ろうと思ったんですが、地下道を通る前に小さい電停を見つけたのでそこから市電に乗ってみることにします。
_DSC6166.jpg
平和通一丁目という電停ですが…めちゃめちゃ雰囲気が良いところでした。
こういうロケーションに家を構えたい…なんて。

というわけでしばらく待ってから来た電車に乗り込み、松山市駅へ。
_DSC6176.jpg
来たのは木の床のこれまたレトロな電車。

スマホで一区間だけ録音してみましたヨ。

スマホの録音機能も舐めたもんじゃないですね、案外良い。

到着、日もすっかり落ちました。
_DSC6177.jpg
右が乗って来たモハ57号車ですが、左の電車はまさかのフルカラーLED方向表示器です…似合わない(笑

さて、伊予鉄市内電車のフリー切符を購入すると、いよてつ高島屋の屋上にある観覧車に乗れる特典が付いてます。
_DSC6179.jpg
高所恐怖症ですが、チャレンジしてみましょう。

松山城がよぉく見えます。
_DSC6188.jpg

いやー余裕でしたね、余裕…しぬかとおもった

さて、群馬に帰ります。もう十分、四国は満喫しましたぞ。

帰りは東京まで高速バス、オレンジライナーを使います。
SSwinIMG_20180919_195001.jpg
ピンと来たあなたは僕と握手、どうでしょうのサイコロ1で一番最初に乗車した高速バスがこのオレンジライナーなんですね。
まぁ、それだけですね。

(ここからはスマホのカメラにて失礼します)

車内はこんなかんじ。
SSwinIMG_20180919_195225.jpg

今回はラッキーなことに一番後ろの席でした。座席倒し放題。
SSwinIMG_20180919_195213.jpg

途中豊浜SAで休憩。
SSwinIMG_20180919_213306.jpg

バスはとっても快適…最近の高速バスってずいぶんレベルが高いです。
ただし、松山市からバスタ新宿まで12時間の予定でしたが、東名高速での事故により14時間以上の乗車になりました…もうはかた号も怖くありませんね☆
でも実際全然疲れはなく、むしろまだ寝ていたいような乗車になりましたのでおすすめですよ。

降り立つ大都会新宿は旅行中には通りたくないところではあります。人が多い!
湘南新宿ラインで高崎へ。おつかれさまでした。

おしまい

<以下おまけ>
四国グリーン紀行、どのくらいお得だったのかな?と計算してみました。(閑散期料金とかの計算はしてません)

Day1
高松→(運賃660円・指定席特急券1270円)→多度津→(運賃2480円・グリーン席特急券4580円)→高知

Day2
高知→(運賃1460円・指定券520円)→窪川→(運賃1850円・指定券520円)→宇和島→(運賃1810円・指定席特急券1700円)→松山→(運賃3510円・グリーン席特急券4910円)→高松

Day3
高松→(運賃1460円・指定席特急券1500円)→徳島→(運賃1640円・指定席特急券1500円)→牟岐海部
奈半利→(運賃1070円)→後免→(運賃2750円・グリーン席特急券4580円)→宇多津→(指定席特急券1070円)→高松

Day4
高松→(運賃950円・グリーン券770円)→児島→(運賃3610円・グリーン席特急券4910円)→松山

四国グリーン紀行20570円のところ、恩恵を受けられる区間では51140円…こりゃあ贅沢してしまいました(笑

今回の行程
道後温泉 18:00
↓240 伊予鉄松山市内線5系統JR松山駅前線 JR松山駅前行き 伊予鉄道モハ2000形2005
上一万 18:05
↓徒歩
平和通一丁目 18:19
↓1750 伊予鉄松山市内線1系統環状線右回り 上一万方面 伊予鉄道モハ50形57
松山市駅前 18:36
いよてつ高島屋
松山市駅 19:45
↓西東京バス オレンジライナー 新宿行き
バスタ新宿 翌9:45ごろ(おくれ2時間超)
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply