FC2ブログ

ninkyabe(にんきゃべ)

ninkyabe(にんきゃべ)

今年の2月に初回を投稿してからもう6か月...ようやく最終回です。というか旅行したのは9月なんだよなぁ...ほぼ1年前の出来事になってしまいました。まぁこういうのも今と比べたり、振り返ったりして楽しいものなんですが...
ninkyabeはブログもレポートも遅筆なものですから...ははは…

というわけで石巻線のDC、キハ110に揺られ30分弱...
石巻線の終点、女川駅に到着。
SS__CSC_0479.jpg
おそらく右手の墓地のある高台に女川駅に止まっていたキハ40が打ち上げられていたところですよね...実際来ると女川のあの日の惨状と現地を照らし合わせると想像以上に壮絶で、正直ありえないとしか思えませんが、現実なんですよね。

この駅も列車と、駅の温泉施設で休憩室として使われていた保存車両もろとも波に流されてしまいました。
新しい駅舎は坂茂氏のデザインした雄大なデザインです。羽ばたくウミネコのデザイン。この雄大さはまるでアホウドリのそれのよう、カッコイイですねぇ。
SS__DSC_0470.jpg
再開はこの年(2015年)の3月。まだ新しい香りのする建物。
復旧にあわせ、駅も200m内陸に移転しているとのこと。地盤もかさ上げしているんだそうです。

駅前は商店街の整備中。
SS__DSC_0472.jpg
女川駅だけドカンとある風情ですが、活気が戻ってきそうです。
(オープン時の朝日新聞の写真→http://www.asahi.com/articles/photo/AS20151223001843.html)


振り返ると女川湾はすぐそこ
SS__DSC_0474_201608091954510c3.jpg
この段差は地盤のかさ上げから生まれたもの?

右手の高台にかの有名な病院があります。
実際結構な高台で、あそこを駆け上がっていったなんてやっぱり信じられませんが、残念ながら夢ではないってことは確かです。

女川に来た理由は♨︎に浸かるため。
旧駅に温泉施設があったとちらっと言いましたが、新駅にも女川町営の温泉、ゆぽっぽがあります。これに入りに来たわけです。
旅行すると温泉に入りたくなるんです。アタクシだけ?
新しいだけあって中も綺麗で快適でした。何せ休憩室が広くて、駅を眺めながら食べるアイスと牛乳が大変良い。
列車の本数も少ないので、ゆったりまったりしました。また受付のところでお土産も売っているのでちょっと買い足して行きました。がんばっぺ女川の大漁旗風の手ぬぐいがオススメです。

さて、列車の時間になったので石巻へ戻ります。
SS__DSC_0003.jpg
今度は赤い帯の陸羽東線カラーのキシャで帰ります。普通の座席。
あたりは真っ暗です。

小牛田行きですが、石巻で長めの停車です。
SS__DSC_0007_20160809195503608.jpg
通常色のキハと交換。
左手には貨物列車が停車中...

仙石線ホーム
SS__DSC_0010_20160809195504728.jpg

さすが石巻
SS__DSC_0019_201608091955064bc.jpg
仮面ライダーの階段とはね
これしか撮ってないんですが、他にもあったと思いますぜ

跨線橋から乗ってきたキハを...
SS__CSC_0031_20160809195501408.jpg
非電化区間だとどこからでもすっきり撮れるのがいいですね。
レンズの発色がいい感じ。

キハ100系列ってのは嫌いになれない系列なんですよね、妙に好きです。

さて、短い時間ながら満喫できたので仙台へ戻ります。
SS__DSC_0025.jpg
前回の旅行からたくさん写真を撮っているHB-E210に乗ってみます。
仙石東北ラインに乗ることで東北本線は完全制覇...ちょっと嬉しい。

このハイブリッド気動車、乗ってみると変な感じです。
うちのハイブリッドカーみたいにアシストとチャージが映像で出ているのをずーっと眺めてました。
録音したものはどうしようかな...ゆっくり更新します。

すーっと仙石線、東北本線を進み仙台。便利です。

駅近くで夜ご飯を食べ、来たのと同じ高速バス、仙台ライナーで高崎へ帰宅。

突発的な旅行でしたが、結構満喫できました。
るるぶ、買おう。

ではまた。

↓ランキング参加中です。応援お願いします^^
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
鉄道コム
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply