FC2ブログ

ninkyabe(にんきゃべ)

ninkyabe(にんきゃべ)

夏休みの旅行、その17です。その1はこちら。
もうここら辺は今頃すっかり銀世界でしょうけど。

ざっと街中を観光したninkyabeは小樽に来た一番の理由である小樽市総合博物館へ行くことに。
歩きで疲れたのでタクシーでビューンのはずがなんかちょっと違うところに降ろされ、結局少しだけ歩く羽目にw

ここは昔は小樽市交通記念館とか言ったはずですが、一回潰れて機能を統合され、今は小樽市総合博物館の本館として運営されているそうです。街中のにぎやかなところから離れた静かなところにあります。
SS__DSC_0739.jpg
外観(展示場内から)

入場料は一般400円。
EPSON001_04.jpg
正門から入ると屋内展示を見てから、屋外展示に行くという順路になってます...多分

入るとすぐにアメリカンな蒸気機関車が
SS__DSC_0627.jpg
7100形蒸気機関車 7106号「しづか」
官営幌内鉄道(→北海道炭礦鉄道→官設鉄道)の蒸気機関車で、見た目の通りアメリカのポーター社で造られたアメリカ娘です...(おばあちゃんだけど)
カウキャッチャーと大きい煙突の集煙装置がとってもアメリカン。
てっぱくにいる弁慶号や大阪(→京都)の義経号の兄弟機関車ですが、よくこんな古い機関車が残ってるもんですね...(義経号なんか走ってるもんね)外にはアイアンホース号(動くよ)と、7150形「大勝号」があるので、ここはなかなかすごい。
鉄道記念物様ですが、運転台に乗れるので楽しい...ガラガラだったので子供心で楽しめてました(笑
後ろにチラッと見えるのが「い1号」客車。こちらもアメリカンな客車で、中に入れます。いい感じです。

いやしかし、ここへ来たのはおそらく10年以上ぶりでただただ嬉しかったんです。
展示車両も多分変わってないし...しづか号が回転してた記憶があるんですけど、今はしないんですかね。

というわけで屋内展示をぼーっと眺め、時間もないので(閉館の1時間前くらい)さっさと屋外展示に行きましょう。
屋内展示は模型で当時の手宮駅が再現され、こちらがまぁ動くんで面白かったです。ぜひタイムスリップを...

うお
SS__DSC_0634.jpg
壮観
ホーム風の展示が多いのがここの特徴
海に近いので状態は厳しいものもありますが、立地のわりには綺麗だと思います。

順路を歩いていくとでかいヤツが
SS__DSC_0639.jpg
ソ34 チキ6141
とってもクレーン車、黄色だし。
操重車なんて使いどころはなかなかないようにも思えますが、国鉄にはいろんな車両があったわけで...でも調べてみるとJREは今もスーパービートルと称する保守機械を保有して工事に使っているらしい...新宿だか池袋にいるあいつかな?
後ろに繋がってるのはヨ7904、乗れます。

ソ34に繋がっているのは救援車2両、先頭はDD51-615。救援編成を再現しているのかと今更...マニアックだなぁ
SS__DSC_0759.jpg
手前はスエ78 5。三軸ボギーの戦災復旧車というレアモノ。
奥はオエ61 309。ドアを塞がれたり、いかにもな見た目の救援車。
どちらも中に入って救援のための色々な道具や、休憩スペースを見学できますが...マニアック。木張りの床のあの匂いがします。

しっかし斜面に車両展示ってのはすごいですな。よく考えてみればおっかない(^^;)

屋外展示の真ん中には貨物列車の展示がありました。
SS__DSC_0688.jpg
面白い編成。先頭はDE10 503。

手前の線路はアイアンホース号が走るナローゲージ。昔乗ったなぁ。今回は見れませんでしたけど、とても本格的な蒸機で、そしてとっても貴重な機関車です。

文章書くの疲れてきたのでここからはさっと

長いホームの展示へ行きます。

一番南にいるのはC12 6
SS__DSC_0665.jpg
デフ無し、いいですね。

キシ80 12とキハ22 56を挟んでED75 501(準鉄道記念物)
SS__DSC_0683.jpg
たった一両のED75 500番台。ED75と言いつつも、サイリスタ制御の別物...見た目はそのものだけど。
サイリスタの誘導障害を避けるために札幌都市圏には入れてもらえなくて、結局あんまり活躍できなかったそうです。試作車の宿命...で、これが3枚目の写真の一番手前の機関車として増備されると...あれ形式...まぁこれは後で。

キハ27 11
SS__DSC_0687.jpg
結構中に入れる車両が多いです。
座ってぼーっとしてみるとこんな感じの車内で、雪道を闊歩するのを考えてちょっと物悲しくなります。これが北海道か。
どの車両にも家庭用のエアコンがついてます。つまり現役の時は急行用でも非冷房、いくらなんでも暑かったんだろうなぁ。

キロ26 107
SS__DSC_0689.jpg
グリーン車の緑帯がとっても好きです。特別な感じ。
車内には大きなスクリーンがありました(笑)なんかに使うのかしら。

全体を写すとこんな展示
SS__DSC_0696.jpg
キハ56 23 + キロ26 107 + キハ27 11 + キハユニ25 1 ED75501 キハ22 56 + キシ80 12 C12 6のように展示されています。手前の4両はわかりますが、後ろの方はもう訳がわかりません(笑
キハユニは整備中のようでした。

というわけで残りは次回!

続く

初回その16その17(今ここ)その18(後編)



鉄道コム
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply