FC2ブログ

1/6-9 東北まったり乗りつぶしツアー2020 その5(会津若松→新潟) 会津若松でキハ40を眺める

0
冬の乗りつぶし旅、その5です。只見線のキハを乗りとおし、終点の会津若松に着いたのは17:19。4235M 普通 喜多方行 E721系P-15編成 /回送 キハ40 502+40 2141乗ってきた列車と喜多方行が並びます。キハ40はこの後、磐越西線の野沢行に充当されるのかもう幕を変えています。喜多方行が先に出るかと思いきや、キハ40が先に入庫していきました。この光景も見られなくなるんですね。喜多方行が去ってからしばらくすると只見線の会津坂...

1/6-9 東北まったり乗りつぶしツアー2020 その4(会津川口→会津若松) 只見線に乗って会津若松へ

0
冬の乗りつぶし旅、その4。只見線の代行バスに揺られ、只見から会津川口へやってきました。ここからは列車が運転されているので、会津若松行きに乗り込みます。この先は東北支社色って言ったりする緑色のキハ40が登場。キハE120に置き換えられ、3月で引退です。このカラーのキハは運用引退後に小牛田で見たり、回送を郡山で見たきりで乗るのは初めて。改札を通って左側は不通区間。正直、再開するとは驚きではあります。線路の脇は...

1/6-9 東北まったり乗りつぶしツアー2020 その3(只見→会津川口) 只見線代行バスに乗る

0
冬の乗りつぶし旅、その3です。小出から只見線に乗り、只見にやって来ました。この先、会津川口までは豪雨災害により長期にわたり不通となっており、バスでの代行輸送となります。しかし只見とは思えない積雪量…でもこれがこの旅の最大積雪量です。さて、駅からは2台のバスが出ており、1台は越後川口駅への直行便で、もう1台は各駅停車の便。車掌さんが検札に回るタイミングでバスを使うかどうか聞かれるので、その際に何台のバス...

1/6-9 東北まったり乗りつぶしツアー2020 その2(小出→只見) 只見線、1日3本の只見行きに乗る

0
冬の乗りつぶし旅、その2です。前回、小出までやって来ました。ここからは1日4本の只見線に乗車します。そのうち1本は途中の大白川止まりなので、六十里越を抜けて福島県へ入る只見行きは1日3本しかないんです。車両はキハ40の2両編成。18きっぱーと地元の高校生をそこそこ乗せて出発。しばらくは里を走ります。途中駅はどの駅でも高校生を中心に地元の人たちが数人利用して行きます。次第に山がちになり、暖冬といえど雪深い地域...

1/6-9 東北まったり乗りつぶしツアー2020 その1(沼田→小出) 上越線で小出に

0
冬の18きっぷシーズンが終わる前に、ということで乗りつぶし旅行に今年も行ってきました。行き先は雪も見たいし東北方面。どんどん完乗に近づいて行きますが、今回は新潟地区を中心に置き換えられることになっているキハ40系列の車両に乗っておきたいというミニテーマもあったりします。相変わらずグダグダですが、どうぞお付き合いください。次の18きっぷのシーズンまでには終わらせたいですが25パートの予定…南九州を越え、初め...

10/27 わ鐡に乗って小旅行 その4(通洞) 足尾銅山観光

0
わ鉄の旅、その4です。通洞駅近くでトロッコ列車を見送った後、歩いて5分ほどで着く足尾銅山観光へ。トロッコ列車に乗って足尾銅山の坑道を歩けるということで昔から行ってみたかった施設の一つです。入場券は830円。ここの何がまず面白いかというと、まず最初に列車に乗って坑道へ導かれること。しかも急坂があるのでラック式を採用しているというとんでもないレアな路線…リッゲンバッハ式でいいのかな。修学旅行?かなんかで子ど...

10/27 わ鐡に乗って小旅行 その3(足尾→間藤→通洞) わたらせ渓谷線終着駅・間藤へ

0
わ鉄の旅、その3です。足尾から終着駅の間藤まで1.3kmを歩いて移動します。ほとんどの区間で線路に並行して歩くことが出来るので道に迷う心配はあまりありません。しばらく進み、渡良瀬川上流の松木川を渡ると良さそうなスポットがありましたので間藤行きの列車を待ってみます。719D 間藤行 わたらせ渓谷鐵道WKT-501+WKT-502白飛びしちゃいましたが、良い橋です。第一松木川橋梁という呼ぶようですが、日本鉄道に出自を持つトレッ...

10/27 わ鐡に乗って小旅行 その2(神戸→足尾) トロッコわたらせ渓谷号に乗って足尾へ

0
わ鉄の旅、その2です。大間々からトロッコわたらせ渓谷号に乗っています。草木トンネル(トロッコだとうるさい・寒い)を抜けて渡良瀬川上流部に入ると水の色が驚くほど美しい青に。渡良瀬川上流の名物、白御影石も見られるように。沢入から原向はわ鉄でも屈指の絶景区間であり、急勾配区間。じきに名所「坂東カーブ」に差し掛かります。国鉄でも最急と言われた最小半径144mの急カーブ、道路からは見れない、わ鉄に乗らないと見れな...

10/27 わ鐡に乗って小旅行 その1(大間々→神戸) トロッコわたらせ渓谷号に乗る

0
夏にやった南九州乗りつぶし旅行のレポートが終わりましたが、まだまだ昨年の分がありますので地道に消化。ちなみに1/6-9までまた乗りつぶしをしてきました。18きっぷシーズンは乗りつぶしに行かないと!と思うのは乗り鉄の性なんでしょうかね。そんな話は置いておいて…今回から5パート編成でわたらせ渓谷鐵道を訪れたお話をしてゆきます。実は乗るのは初めてなんですが、沿線?にある梨木温泉に行った帰りです。梨木ってどこ?っ...

9/10-13 旅名人の九州満喫きっぷで南九州乗りつぶし その23(志布志→高崎・終) 志布志から帰宅するだけ

0
南九州乗りつぶし旅行、その23です。久しぶりに長かったこの旅行記も今回が最終回、ですがどんどん内容が薄くなっていて笑ってしまいます。旅行ってのはそんなもんですよ…ね。さて今回の旅の最後の目的だった志布志への到達を済ませ、折り返しの油津行きの列車で帰宅の途につきます。まぁまだ鹿児島なんですけどね、ここから群馬まで帰るわけです。とりあえず宮崎空港へ。1940D 普通 油津行 キハ40 8099帰りは景色を楽しむという決...

9/10-13 旅名人の九州満喫きっぷで南九州乗りつぶし その22(油津→志布志) 日南線の終点、志布志へ

0
南九州乗りつぶし旅行、その22です。やっぱり年内には終わりませんでしたが、あと1パート。日南線に乗り、この旅最後の目的地、志布志へと向かいます。1931D 普通 志布志行 キハ40 8099 / 1936D 普通 宮崎行 キハ47-9083+47-8052油津からは黄色いキハ40に乗り換え。ここからは輸送人員の少ない超ローカル区間です。ちなみに次に志布志まで行く列車はおよそ3時間後です。隣の大堂津まで来るとまた海の景色が広がります。大堂津〜南...

1/1 元107系、上信電鉄700形に乗ってきました

0
あけましておめでとうございます。今年も1月1日と2日は上信電鉄で最近恒例の500円フリー切符が発売されます。今年から硬券じゃ無くなったのはちょっと残念ですが、仕方ないですね。音鉄するには最適なので1日の夜1往復してきました。やってきたのは700形の704F、先月運用を開始したばかりの懐かしい塗色の車両です。いやぁスゴイなぁ、やったんだなぁ笑側面にはJRっぽいJDKロゴ。熊本電鉄でも見たなぁ、こんなパロディロゴ。でも結...

9/10-13 旅名人の九州満喫きっぷで南九州乗りつぶし その21(宮崎→油津) 日南線乗りつぶしへ

0
2019年9月13日南九州乗りつぶし旅行、その21です。今日から最終日パート。宮崎からスタートです。さて、宮崎には一本盲腸線があります。それが日南線。正確には宮崎の隣の南宮崎から鹿児島県の志布志までを結ぶ88.9kmにも及ぶ長距離盲腸線です。指宿枕崎線よりわずかに総延長が長いんですね。正直今回九州に来るにあたって割と楽しみにしていた路線でもあります。と言っても写真でそれを伝えられるわけでは無いんですよね、これは...

9/10-13 旅名人の九州満喫きっぷで南九州乗りつぶし その20(八代→宮崎) 川内→都城を415系で乗り通し(過酷)

0
南九州乗りつぶし旅行、その20です。20回の大台に乗るのは久しぶり。でもこれ含めて4回でおしまいです(はよ終わらせんか)。熊本から三角を経由して八代まで来ました。宮崎を目指しております。さて八代から前に増車して2両編成で出水へ。6249D 普通 出水行 肥薩おれんじ鉄道HSOR-117A+111A後ろはくまモンでしたが、前はかごしま水族館仕様。車内は普通。肥薩おれんじ鉄道線は海を掠める好立地(色々紙一重ですが)、海が綺麗…ちょう...

9/10-13 旅名人の九州満喫きっぷで南九州乗りつぶし その19(三角→八代) 新八代から肥薩おれんじ鉄道に

0
クリスマスです。何か貰いましたか?僕は風邪菌とかですね。南九州乗りつぶし旅行、その19です。乗りつぶしに来ただけの三角線が想像以上に素敵路線でとっても良い気持ちになりました。ですが、今日の行き先は宮崎です。これからひたすらに移動していきます。538D 普通 熊本行 キハ147-61+147-59三角駅ではホームの下からスプリンクラー的なもので床下ずーっと水で冷やしてましたね…なるほどそういう設備もあるのか。帰りは有明海...